BHQとは

MRIを活用した脳の画像データを
解析して算出される、
脳の健康管理のための指標です。

BHQはBrain Healthcare Quotientの頭文字をとったものであり、MRIを活用して脳を撮像した画像データを解析して算出される脳の健康管理のための指標です。現状では、脳の灰白質容積の指標であるGM-BHQと脳の微細構造統合度指標(神経線維の統合度)であるFA-BHQの2種類があります。BHQは一般社団法人ブレインインパクトの登録商標です。同法人は脳情報研究の振興及び研究成果を社会へ還元することを目的として設立された社団です。

  • GM-BHQ

    GM-BHQとは、脳の灰白質と呼ばれる領域の大きさ(容量)を指標化したものです。

    GM-BHQのグラフ

  • FM-BHQ

    FA-BHQとは、脳の白質と呼ばれる領域の神経線維のまとまり具合を指標化したものです。

    FM-BHQのグラフ

BHQとは

推計BHQ
わかること

身長・体重・血圧、
日々の生活習慣時間などで
脳の健康状態が簡単にわかるサービスです。

これまでBHQは大学の研究者のみが扱ってきましたが、BHQ社を通じて一般の企業はもちろん、世界中の個人も自由に使える脳の健康管理指標プラットフォームを提供できるようになりました。BHQと身体・日常の特徴との関係を解明した論文と特許をベースとし、簡単なアンケート設問への回答によって簡易に推定BHQの値を得ることが可能となりました。

推計BHQサービス

推計BHQ
必要性

体の中で一番気がつきにくい
脳の健康状態を、気軽に計測する
ことができます。

これまで、脳の健康指標数であるBHQ値を測定するには、病院のMRI計測で約5~10万円ほどの費用がかかりましたが、推計BHQではWebで身長・体重・血圧、日々の生活習慣時間などを入力するだけで、GM-BHQ値とFA-BHQ値を簡単に得ることが可能になりました。1回の測定費用は1,100円(税込)で、費用支払い後に推定BHQが利用できます。

計測の流れ

推計BHQでは、BHQ値の計測、BHQ値の結果チェック、シミュレーション機能による
BHQ値(生活習慣)の改善を月に一回程度繰り返すことにより、
脳の健康管理を行うことを推奨しています。

計測の流れの図 01:BHQ値の計測、02:BHQ値の結果チェック、03:BHQ値の改善(生活習慣の改善)

最近物忘れが気になる方へ 脳の健康状態を簡単にチェック